天国は何十万色

アキアナが描き始めたのは6才の時でした。彼女が天国を訪れたことがあると言い始めたのは4歳の時だったという。「すべての色が、この世界にはない色なの。そこには私達がまだ知らない、もっとたくさんの、何十万もの色があるの。」と、彼女は言う。アキアナの母親は無神論者だった。家庭内で神という考え方について話したことなんて一度もなかった。家族はテレビは見ないし、アキアナは保育園や幼稚園に一切通っていない。その小さな女の子が天国の話を始めた・・・  つづく from 「 Heaven is for Real 」

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

天国を垣間見る