本日の教会での礼拝はお休みです。

コロナウィルス感染防止の為、個人宅での礼拝をお薦め致します。

礼拝は休むことはありませんが、その形態は諸事情により形を変えることがあることをご承知おき下さいませ。尚、本日の個人礼拝用プログラムをここに掲載致しますのでご利用下さると幸いです。11時からの同刻礼拝となり場所は異なりますが礼拝は主にありて一つです。

下記プログラムはスマホを横長にしてご覧いただけますと、見やすくなる場合がございます。お試し下さい。

拝式プログラム    2020年3月29日(日曜礼拝)11時

礼拝前黙想                       一同

礼拝の祈り                       一同

賛美歌      いつくしみ深き

使徒信条                        一同

主の祈り                        一同

新賛美歌    

聖書朗読   詩編91篇       

黙想     

とりなしの祈り

終祷

以上、東京ニューホープチャペル 牧師より

使徒信条

我は天地の造り主、全能の父なる神を信ず。我はその独り子、我らの主、イエス・キリストを信ず。主は聖霊によりてやどり、おとめマリヤより生まれ、ポンテオ・ピラトのもとに苦しみを受け、十字架につけられ、死にて葬られ、陰府にくだり、三日目に死人の内よりよみがえり、天にのぼり、全能の父なる神の右に座したまえり。かしこよりきたりて生ける者と死にたる者とを審きたまわん。我は聖霊を信ず、聖なる公同の教会、聖徒の交わり、罪のゆるし、からだのよみがえり、とこしえの命を信ず。 アーメン

主の祈り

天にまします我らの父よ。ねがわくは御名をあがめさせたまえ。御国を来たらせたまえ。みこころの天になるごとく、地にもなさせたまえ。我らの日用の糧を、今日も与えたまえ。我らに罪をおかす者を、我らがゆるすごとく、我らの罪をもゆるしたまえ。我らをこころみにあわせず、悪より救いだしたまえ。国とちからと栄えとは、限りなくなんじのものなればなり。 アーメン

聖書朗読

詩編91篇【新改訳】 91:1 いと高き方の隠れ場に住む者は、全能者の陰に宿る。 91:2 私は【主】に申し上げよう。「わが避け所、わがとりで、私の信頼するわが神」と。 91:3 主は狩人のわなから、恐ろしい疫病から、あなたを救い出されるからである。 91:4 主は、ご自分の羽で、あなたをおおわれる。あなたは、その翼の下に身を避ける。主の真実は、大盾であり、とりでである。 91:5 あなたは夜の恐怖も恐れず、昼に飛び来る矢も恐れない。 91:6 また、暗やみに歩き回る疫病も、真昼に荒らす滅びをも。 91:7 千人が、あなたのかたわらに、万人が、あなたの右手に倒れても、それはあなたには、近づかない。 91:8 あなたはただ、それを目にし、悪者への報いを見るだけである。 91:9 それはあなたが私の避け所である【主】を、いと高き方を、あなたの住まいとしたからである。 91:10 わざわいは、あなたにふりかからず、えやみも、あなたの天幕に近づかない。 91:11 まことに主は、あなたのために、御使いたちに命じて、すべての道で、あなたを守るようにされる。
91:12 彼らは、その手で、あなたをささえ、あなたの足が石に打ち当たることのないようにする。 91:13 あなたは、獅子とコブラとを踏みつけ、若獅子と蛇とを踏みにじろう。 91:14 彼がわたしを愛しているから、わたしは彼を助け出そう。彼がわたしの名を知っているから、わたしは彼を高く上げよう。 91:15 彼が、わたしを呼び求めれば、わたしは、彼に答えよう。わたしは苦しみのときに彼とともにいて、彼を救い彼に誉れを与えよう。 91:16 わたしは、彼を長いいのちで満ち足らせ、わたしの救いを彼に見せよう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

ゆっくりざっくり聖書解説

次の記事

祈り