NHK朝ドラ ”エール”

今日(2020年10月16日)放送された ”エール” の中で、薬師丸ひろ子さんが焼け跡の我が家に呆然とすわりながら讃美歌を歌っていました。「 うるわしの白ゆり、ささやきぬ むかしを 」と。失われた命はもう戻ってこないのでしょうか? 楽しかった思い出はむなしいものになってしまうのかと。実は、番組から受ける印象とは違って、ドラマの家族はクリスチャンですので、また会える、よみがえって語り合える、早く元気を取り戻して前に進もうと歌っているのです。 イエスは言われた。「わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。ヨハネ11章25節 皆様のご健康を祈ります。

by The Gospel G3 70

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

主により頼む者は幸いなり

次の記事

希望と未来を語る